加工について

PROCESS

ネーム・ワッペンには以下のような加工が可能です。

ネームの加工

両端折り加工(エンドホールド加工)

両端折り加工(エンドホールド加工)
織ネーム(プリントネーム)を1枚1枚カット(切り離し)し、両端を折り曲げる加工方法です。折り曲げ箇所の正確さを求められるデザインの場合は、機械カットではなく、手作業によるカット加工を施しております。

センター折り加工

センター折り加工
ネームの中央で二つ折りにします。
同じ柄を両側に入れる場合は、(ネームを付けるもの、箇所により)柄の向きが3種考えられます。

ブックカバーホールド加工

ブックカバーホールド加工
織ネームの端を折り曲げるエンドホールドしたものをさらに中央で折り曲げた加工です。
袖口・裾などへ挟み込んで、あと付けするのに便利です。

マンハッタンホールド加工

マンハッタンホールド加工
三つ折に折り曲げる加工です。
衣類にあと付けするのに便利です。

ヒートカット加工

ヒートカット加工
1枚づつ両端をヒートカットいたします。
ほつれがないので、そのまま縫い付け(又は熱圧着)ることができます。
織ネーム(プリントネーム)をカットする場合、カットした切り口のほつれを防止するために、高温のカット刃を用いてカットします。
ヒートカットを施された製品は、両端折り曲げしなくても、そのまま使用できます。
なお、ご希望により、両端折り・二つ折り加工製品にもヒートカットを施すことが可能です。

アイロン圧着加工(裏面加工)

アイロン圧着加工(裏面加工)
縫わずにアイロンで簡単に圧着できます。
織り方(ネームデザイン)により、圧着強度がかなり違ってきますのでご相談ください。

ワッペンの加工

裏ピン(安全ピン)付き

裏ピン(安全ピン)付き
裏ピン(安全ピン)をお付けいたします。

両用ピン(安全ピン・クリップ兼用型)付き

両用ピン(安全ピン・クリップ兼用型)付き
クリップと安全ピン兼用タイプで、ポケットなどに挟む場合はクリップが便利です。
ワッペン(名札)の裏面加工の1種です。
安全ピンとクリップによる両方の使い方が可能です。

マジックテープ付き

マジックテープ付き
マジックテープA面がワッペンの裏面に付いています。
B面はあらかじめ衣服に縫い付けておき、ワンタッチで取り付け・取り外しができます。マジックテープにより衣服に取り付ける場合はワッペンと同じ形のマジックテープ(B面)を衣服に縫い付ける必要があります。

アイロンフィルム付き

アイロンフィルム付き
衣類などにアイロンで付けられますが、衣類の材質により接着強度が異なりますので、アイロン圧着後、更に糸止め(あるいは縫い付け)するのが望ましい場合があります。
ネーム、ワッペンをアイロンで熱を加えながら衣服等に取り付けるための加工。
強度の順は、アイロンネーム→織ネーム→ワッペン、となります。
ワッペンの場合は圧着後、更に、縫い付けされることをおすすめします。

裏面高堅牢仕上げ

裏面高堅牢仕上げ
衣類に縫い付けての使用において使い方の特に激しい場合(道着・作業服など)、あるいは洗濯回数が特に多い場合、ワッペンの形がくずれにくい効果があります。

金・銀糸の縁取り

金・銀糸の縁取り
ワッペンの縁取り(オーバーロック)をします。
縁取り色は、ベース色と同系色、またはその他の色からお選びすることができます。

透明ケース入り(裏面に安全ピン付き)

透明ケース入り(裏面に安全ピン付き)

ワッペンが透明ケース(裏ピン付き)に入りますので、汚れにくい、汚れてもふき取りやすいメリットがあります。

ケースの種類(外寸)75ミリ円形、63ミリ円形、47ミリ円形、68×77ミリU形

お見積り・ご注文・お問合せ

CONTACT

お見積り・お問合せ